税務を頼む

税理士の人件費は無駄なのか?
私はそうは思いませんでしたので最初からつけました。
ですから、すべての手続きを行ってもらい、特に何があるわけでもないまま、どのタイミングで何が必要なのか、ということを教えてもらいつつ、一期目を過ごしました。
経理と税務は大いに違います。
私は映像の中でもプロデューサーというのが本業で、お金の計算、会社の経理に関してもある程度は整理できますが、税務は全く別の話です。
そもそも、税務は税法が改正になるたびに変ってしまうものですから。
では、会社や店舗を経営しながら、そして実質業務をこなしながら、税法改正まで目が行き届くのか?
相当優秀な方で無い限りは、無理に決まってます。
ということで、私は迷わず税理士を最初からつけました。
ですが、経理のどこまでをやるのか、ということで税理士の料金も変ってきます。
経営のことを考えても、自身でお金の流れをきちんと把握していないとどうにもなりませんし。
ということで、まずは、税理士をつける前提で経理をできる限りやる。
特にクリエイティブ系の人は、これが良いのではないかと思います。

sign

最初に税理士をつけなかった仲間が陥ったのが「青色申告」ではなく「白色申告」に一期目がなってしまったということ。
色と白色の違いは、簡単に言えば青色には優遇措置があるのに白色にはない。青色は色々な書類を出さなくてはならないが白色はシンプル。ということになるのですが、詳細はこのサイトでは触れませんので、専門の方が情報を出してくれていますので、別途調べてみてください。
また、税理士をつけなかったがために、定期同額給与という事前に決めておいて議事録を作り、毎月定額を払うというのにせず、入金があるときに不定期に払ったがために損金に算入されなかった…という仲間もいました。
さらには、銀行に融資を受けようと申し込んだ際に、「税理士の先生はつけていますよね?」と聞かれ、つけておらず困ったという仲間も。

ということで、私の意見としては、ひとまず最初は税理士は必須だと思います。
これは、人それぞれ、と言ってしまうと無責任ではありますが、どれだけ介入してもらうか、いくらにするかなど、個々に求める条件によってどんな税理士が合っているのか、ということになってしまいますので、そうとしか言えません。
私の場合は、知人を介して紹介してもらい、お会いした上で決めましたが、そうでない場合は、条件をとにかく明確にしてから探すことが重要だと思います。
値段重視、場所が近い、人柄、とにかく、経営という部分に大きく係る相手となりますから、しっかりと見定めなくてはならないと思いますが、そのためには、ひとまず当たってみるしかありません。
税理士は契約する相手ですから、あとで変えることだってできます。
私の場合は、3年間最初の税理士にお世話になり、そこで色々と教わり、自身である程度までできるようにした上で弥生というソフトを教えてくれる税理士へと変えました。が、そこで私も失敗というか残念なことがありました。

sign

弥生ぐらいできたら税務などできるだろう、そう考えて今の税理士に会い、その後、弥生会計オンラインというものの体験版にチャレンジ。
もっと簡単なものかと思っていましたが、決して楽なものではありませんでした…

ということで私は今も税理士に頼んでいます。でも、それはそれで悪くありません。人間同士のつながり、そして時間を本業にあてるということは会社を営む上で大切なことですから。
私は挫折しましたが、皆さんも一度体験版ぐらいはチャレンジしてみて良いかもしれません。そうすれば、税理士のありがたみを感じ、料金的にいくらぐらいの作業をしてくださっているのか感じられると思いますので。
以下、税理士へのツテがない…という方のために紹介サイトへのリンクを2つ貼っておきます。税理士報酬がどんなものなのか、数多く見て考えるのも一つだと思います。

税理士ドットコムで最適な税理士選び
税理士紹介ネットワーク