ブログを作成するためのシステムとして公開されたオープンソースであるWordPressは、今ではどんどん進化して、個人ブログ、企業サイト、公共機関のサイトなど、多方面にわたるウェブサイトで利用されています。

メリット

無料

専門知識は不要

多彩なテーマ

ネット上に情報が多い

プラグインが豊富


デメリット

ソフトは無料だが…

英語が多い…

WordPressは個人での利用・商用利用を問わず無料ですが、ウェブサーバーにインストールしなくてはならないために、サーバーの費用がかかります。
また、英語で開発されているソフトウェアであり「日本語版」は、翻訳されているためにまったく意味内容がわからない状態に陥ることがあります。
しかし、そんなデメリットなど気にならないほどのメリットがあります。
Internet ExplorerやGoogle Chromeなどのインターネットブラウザで作業ができること、そしてWordPressではテーマを自由に追加、削除でき、好きなデザインを選ぶだけでそれまで作ってきたコンテンツの内容は変わらないままデザインだけを簡単に切り替えられるのです。
そして、そのテーマはスマートフォンに対応するレスポンシブがほとんどであり、作業中にPC、タブレット、スマートフォン、それぞれの画面サイズにてどのように見られるのか確認しながらの作業が可能なのです。
WordPressのテーマを決める際、初めての場合、不慣れの場合はプリセットで入っているテーマを選べばカスタマイズ等の情報が豊富です。
不慣れであってもオリジナリティをというのであれば、以下のようなものもあります。
日本語対応高品質WordPressテーマ
WordPressテンプレート0円配布!「テンプレートキング」
WordPress内にて新しいテーマを探してインストールしても構わないのですが、カスタマイズに苦戦するかもしれません。ただ、その苦戦も最初のうちで、慣れればそこまで難しいものではありません。

c3

Case1


【理由】サイトをスマホ対応にしたい。
【内容】最新の商品情報などは別のブログで随時更新中のため、外部ブログ読み込みなども仕込む。
【価格】2万円(テーマ選び、外部読み込みなどからベース作り)

Case2


【理由】ずっと続けてきたブログを活かしたい。
【内容】外部ブログを新規サイトに引っ越し、最新のブログがトップに表示されるテーマに。
【価格】3万円(テーマ選びからベース作り/ブログ引っ越し)

c4

c1  

Case3

【理由】自分で管理できるレベルでサイトを作り直したい。
【内容】動画を次々とアップするということで、Youtube動画埋め込みをレスポンシブ対応になるように細工。
【価格】3万円(テーマ選び/Youtubeのレスポンシブ)
 

Case4


【理由】WordPressに興味はあったが一人では始められなかった。
【内容】もともと興味を持つぐらいの知識があったので、教えるのではなく一緒に作ることに。
【価格】1万円(共同作業)

c2

価格について

価格はやる内容によって変わりますが、基本日当2万円とし、必要な日数分だけとしています。
また、個別に教えることにしていますが、法人の場合、2~3名程度であれば一緒に教えても構いません。また、人数が増えたことで価格が上がるということもなく、やった日数の日当換算のみで請け負います。